第12回すららカップ開催のご案内

d3287-126-397699-1

7月1日より、第12回「すららカップ」が開幕します。「すららカップ」は、生徒の学習促進や学習習慣の定着を目的とし、学習時間やクリアユニット数などの努力指標で競う全国イベントで、年2回開催しています。

近年では教育経済学の分野でも、成果(アウトプット)に対して報酬や評価を与えるより、努力(インプット)に対して報酬や評価を与えるほうが、学力向上に高い効果があることが実証されており、『努力量で競う』本イベントは大変価値ある機会になっています。

第1回から第11回までご好評を頂いております本イベントも、おかげ様で第12回を迎えることとなりました。第12回「すららカップ」の実施概要については再度下記にご案内申し上げます。ご査収ください。

実施概要

  • 開催期間 平成28年7月1日(金)〜同年8月31日(水)
  • 参加費  無料
  • 参加対象 「すらら」を学習されている生徒の皆様
  • 評価基準 開催期間中のすららの総学習時間とクリアユニット数

テストシステム「E-te」に取り組んだ時間も、学習時間に合算します。学習の定着度を測るため、「E-te」もぜひご活用ください。

「すららカップ」期間中は、本部スタッフがランキング上位の生徒様の学習履歴を確認させていただきます。その内容が不自然と思われる場合は担当の先生へご連絡したうえで、場合によっては失格とし、ランキングより除外させていただきます。

例)ドリルのないユニットを意図的に選んで繰り返しクリアするや、レクチャーの視聴時間が数時間におよび、明らかに適正時間でないなど生徒様の学習行動が不適切な方向へ向かないよう、お声がけ頂けますと幸いです。

前回からの変更点

今大会では、前回第11回までのルールに加えて、「目標を立て、実行し、達成する」という一連の行動を評価し、21世紀型スキル(※)の向上を狙いとして、新たに「がんばる!宣言」を行ないます。

「がんばる!宣言」は、立てた目標をしっかり達成できたことを評価することを目的に、事前に「すららカップ」への決意表明をしたうえで、チャレンジW30賞(下記のすららカップ概要をご参照ください)を達成した生徒に、通常達成するよりもランクアップした賞品を授与して表彰するものです。

一部の宣言は、メルマガやすららのHP上でご紹介いたします。がんばる宣言は、生徒様一人ひとり、気軽に宣言を出して頂けますので、ぜひ多くの生徒様にお声掛けください。

こちらのページは生徒様のログイン画面からアクセスできます。

http://surala.jp/summary/entry12th/statement.html

※21世紀型スキル:思考力、問題解決力、コミュニケーション能力など、IT化、グローバル化が進む社会で活躍するために必要とされる力の総称。

賞の種類とルール

全国ランキング:全生徒対象

  • 個人:総学習時間
    ランキング全国上位20名、クリアユニット数ランキング全国上位20名を表彰
  • チーム:総学習時間ランキング
    全国上位20チーム、クリアユニット数ランキング全国上位20チームを表彰

※チーム対抗部門は、学習時間・クリアユニットともに、メンバー3名の平均で集計します。賞品は、個人部門と同じものをメンバー全員に贈呈いたします。

 賞品例

  • 1位:iPad mini 2
  • 2位:チャムスデイバッグ
  • 3位:テポイン Tepoinn® 3D VRメガネ ほか

 

小学生ランキング:小学生のみを対象

中高生に比べて、定期テストや受験がなく学習のモチベーションを保ちにくい小学生に学習を促し、早期に学習習慣を定着させることを目的とします。小学生のみを対象としたランキングです。(受講生が小学生であれば、学習範囲は不問です。)

・7月、8月の学習時間が全国1位から3位の生徒に、賞品と賞状を贈呈いたします。賞品は、小学生ランキング独自のものを贈呈します。

例)全国1位 チェキ instax mini 8+  (富士フイルム)

※小学生ランキングは、個人部門のみの実施となります。チーム対抗部門はありません。

 チャレンジW30賞:全生徒対象

すららネットの推奨する「1日1時間の学習を毎日継続し、月30時間以上の学習時間」を確保した生徒様へ授与する賞です。また、継続的に学習をする努力を評価する基準を、前回大会より追加しております。今回のチャレンジW30賞の受賞規定は以下となります。

  • 基準1:7月、8月→いずれも30時間以上学習
  • 基準2→7月、8月の60日間、毎日1ユニット以上学習
    →基準1、基準2、どちらか一方を達成した生徒全員を表彰

※チャレンジW30賞は、個人部門のみの実施となります。チーム対抗部門での実施はありません。

※基準2に関しては、毎日異なるユニットを、レクチャーを適切に視聴してクリアすることが条件です。同一ユニットを複数回クリアしている場合、レクチャーのみのユニットを、明らかにレクチャーを飛ばしてクリアしている場合は受賞の対象外となります。

・「がんばる!宣言」

期間中に「がんばる!宣言」をした上でチャレンジW30をクリアした生徒様には、チャレンジ30賞の賞品に加えて、プチギフトを贈呈します。詳細はこちらよりご確認いただけます。

http://surala.jp/summary/entry12th/statement.html

 

【チーム対抗部門について】

チーム対抗部門はエントリー制となっております。今回のチーム対抗部門では、エントリー時に「3名1チーム」を組み、そのメンバーで2ヶ月間の学習に取り組んでいただきます。 (エントリー受付期間 6月22日(水)〜7月31日(日))

すららカップは、7月1日より開幕いたしますが、チーム対抗部門のエントリーは、7月31日まで可能でございます。記録の集計は、エントリー日に関わらず、一律で7月1日より行いますので、ぜひチーム対抗部門へのご参加を、生徒様に促していただければ幸いです。

以前の慶應義塾大学との研究協力では、チームで学習することによって、学習成果が上がり、チーム対抗戦は生徒様の学習時間を増やすのに有効であるという結果が出ております。

また、同じ校舎から複数チームのエントリーが可能ですので、ぜひ複数チームでエントリーし、校舎内でもチーム同士競い合って学習量を増やして頂ければと思います。

なお、今回も、前回同様にチーム対抗部門に参加される生徒様にお使いいただける「チームストラテジーシート(戦略設計シート)」を提供します。

チームメンバーで、目標を設定し、そのために必要な学習計画の設計をするために、お役立てください。チームでアクションを自ら考え、支え合って協力し、目標を達成する「21世紀型スキル」を身につけるきっかけにもなります。

※シートの利用は任意です。※「チームストラテジーシート」の詳細は、 http://surala.jp/summary/entry12th/dl.html よりご参照ください。

※「チームストラテジーシート」の入手方法

6月22日(水)より、上記リンクからダウンロードできます。

【チームエントリーはこちらのフォームから】

http://goo.gl/forms/shcQH8wRLNRcyDx22

※3名のチームを組んでエントリーください。

ただし、教室内全員でチーム対抗部門に参加する場合に限り、1チームのみ2名もしくは4名でのエントリーも可能ですので、個別にご相談下さい。

※同一校舎から何チームでもエントリー可能ですが、同じ生徒が複数チームにまたがって属することはできません。

第12回「すららカップ」に関するご質問などがございましたら、運営事務局にメールかお電話でご連絡ください。(担当:釜谷)

ご案内は以上でございます。夏休みなどの長期休みは、生徒様もついつい勉強を後回しにしがちです。学校の授業がない分、毎日塾や自宅できちんと勉強している人と、そうでない人の学習時間の差が大きく開いてしまいます。

毎日コツコツと学習をすることで、2学期からのスタートダッシュにもつながりますので、是非このすららカップを勉強のモチベーションアップのきっかけとしていただけると幸いでございます。今後とも『すらら』を何卒よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  • 塾長がすららを選んだワケ塾長がすららを選んだワケ 学歴も職歴も無い塾長 入塾をご検討中の方にとって、「すらら」というシステムを使っての学習指導がどのようなものか気になると思いますので、ここでは塾長がすららを選ぶに至 […]
  • 第11回すららカップ 優勝の軌跡第11回すららカップ 優勝の軌跡 やりましたー!平成28年1月・2月に行われた第11回すららカップの「チーム対抗部門」で、西田学習指導塾の”SSSS”チームが優勝しました。クリアユニットランキングでも全国 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲