よくある質問

gimon

個別指導とはマンツーマン指導?

c64703b698efd75cc18c0b1561b54491_s

当塾の個別指導はマンツーマンではありません。先生1人で生徒1名をつきっきりで指導すると、生徒はすぐに答えを教えてもらおうとする「癖」がつきます。

成績を上げるには、自分で考えて学習する時間を増やすことです。これを繰り返すことにより、応用力が身に付き、真の学力向上につながります。

もちろん、分からないときの質問は受け付けます。分からなくて止まっている生徒を放置するわけではありません。個別指導はきちんと行ないますのでご安心ください。

「自立学習力の育成」とはどういう意味?

4bf6fd0870645885e2efa8e74af7295b_s

「自立学習力の育成」とは、「分からないことはどこをどうやって調べればいいか」「どう考えれば良いか」といった点についてヒントを与え、自ら考え答えを出せるよう指導していくことです。

家庭学習の指導もしてくれる?

61c230d8c1b9c7f78bf81a08e0fae891_s

すららには、生徒が自宅ですららを使って勉強した時間や内容をリアルタイムで確認できるシステムが備わっていますので、当塾はその機能を活用して家庭での学習指導も行います。

e-Learningって有名講師のビデオを見るだけ?

798a2104172a6b57849cc91a7178bff2_s

すららの授業では、基本的な事項の説明の後、すぐに問題が出題されます。回答しないと先に進めない、という「自ら参加するスタイル」なので、理解力はどんどんアップします。

更に、一通りの授業が終了した後は、理解度を定着させる一問一答式の「ドリル」が出題されます。「ドリル」では、生徒一人ひとりの正答率に応じて、随時、問題のレベルが自動的に調整されます。

正解した生徒にはより難しい問題が、不正解の生徒にはより基本的な問題が出題されるため、生徒の学習意欲をますます引き出すことができるのです。

すららは小学生でも使えますか?

09e6de61de2efc939de96a7359c581a1_s

全国各地の学習塾に通う小学生がすららを使っていますので、まず問題はありません。念のため、キーボードの操作の練習ソフトを全てのパソコンにインストールしておりますが、それでも操作方法に迷う場合はきちんと指導しますのでご安心ください。

ちなみに、小学生はPCでの学習に関心が高いので、キーボード入力の練習ソフトを使わせたら、夢中で打ち込んでいました。子供は興味を持てば言わなくても勝手に操作方法を覚えていきます。

英語の授業が進むと、キーボードで相当量の英文の入力が必要になってきますが、誰でも操作を続けていれば慣れていきますので、子供たちの成長をじっくり見守りましょう。

すららは高校生も対応できますか?

eae26bdae1ab49224eb0199f0245028e_s

「高校版は専任講師でないと指導が難しいのでは?」といったご質問もありますが、「すらら」は授業の部分から分かりやすく体系的に作っているので、先生の手助けがなくても、かなりの範囲まで自力で学べます。

高校版の問題は、センター試験で7-8割取れることを目指したレベルです。これまで小中学生中心で、高校生の生徒をあまり募集していなかった塾でも高校版を活用して一定の成果を挙げていますので、ご安心ください。

どれくらいの学力レベルまで対応できますか?

fd5cd39091fc8f6e31e7d0e02a051514_s

すららは、偏差値30台後半から60程度の、幅広い学力層に対応しています。超スモールステップでわかりやすい授業の上、一方通行でない対話型のレクチャー機能が付いているので、初めて学習する生徒や、勉強嫌いの生徒でも、楽しく無理なく学習をすることができます。

また、生徒のレベルに応じて出題する問題の難易度を自動的に変えますので、学力の高い生徒でも、飽きずに学習することが可能です。

取り扱っている問題のレベルとしては、中学版は公立高校の入試問題レベル、高校版はセンター試験レベル程度とお考えください。

パソコンだけの授業ですか?

4c6769fcd9f188061824c2bcb2d72e6c_s

パソコンだけではありません。すららの授業を進める中では「まとめプリント」による問題演習を行い、理解しているかどうかを確認します。ですから「書く」作業も含まれています。

まとめプリントとは、学習内容の要点を空所問題としてまとめたもので、空所に答えを書き込むことによって、理解の再確認を行い、見直すことができるツールとなっています。

同様に、定期試験、学力テスト対策でも「書いて覚える仕組み」の一環として、小テストや確認テストを数多く行っておりますので、パソコンだけの授業ではありません。

短集中学習は可能ですか?

4a3196a336561ffd40ba0503063c4ff0_s

すららには、短時間に集約して学習ができる「速習コース」があります。夏休みなどのまとまった期間に、前の学年や受験対策の内容をまとめて復習したり、試験によく出る部分などを集中して短期間で学習するなどの目的でご活用いただいております。以下が速習コースの一例です。

中学英語速習コース

  • 基礎コース
    中学英語を基礎からしっかり総復習(目安:50時間)
  • 標準コース
    中学英語を短期間で効率的にマスター(目安:30時間)
  • レベルアップコース
    入試に出る箇所を重点的に総点検(目安:40時間)

10日間中学総復習講座(中学生~)

  • 数学(目安:8時間)
  • 英語(目安:4時間)

受験にも対応できますか?

8177071a6499984e364bde3fe243df4c_s

すららの中学生版、高校生版は受験に対応しています。問題のレベルは、中学版は公立高校の入試問題レベル、高校版ではセンター試験レベル程度とお考え下さい。

ちなみに、受験に必要な学力とは、受験校の出題傾向をつかみ、その分野、または項目を徹底的に反復学習することで確実に点数をとれる力のことです。

受験に必要な学力をつけるには「苦手分野の克服」が求められますが、それこそが「すらら」の最も得意とする分野です。

たとえば国語です。国語ほど、勉強の結果が試験結果に結びつきにくい教科はありません。なぜなら、明確な指導法が確立していない国語では、つまずきの原因を特定しにくく、 他教科のように対策を立てづらいからです。

しかし、すららの国語は、論理的に文章を理解することを念頭におき、一文⇒段落⇒文章全体と徐々に読む範囲を広げ、難易度を上げていく、といった形で体系だてられていますから、つまずきの原因を明確に特定することが可能です。

つまずきの元さえわかれば、あとは、明確な目的意志を持って、克服するための学習を進めていけばいいだけです。それを実現する機能が「すらら」にはしっかり備えられています。

関連記事

  • 塾長がすららを選んだワケ塾長がすららを選んだワケ 学歴も職歴も無い塾長 入塾をご検討中の方にとって、「すらら」というシステムを使っての学習指導がどのようなものか気になると思いますので、ここでは塾長がすららを選ぶに至 […]
  • 第11回すららカップ 優勝の軌跡第11回すららカップ 優勝の軌跡 やりましたー!平成28年1月・2月に行われた第11回すららカップの「チーム対抗部門」で、西田学習指導塾の”SSSS”チームが優勝しました。クリアユニットランキングでも全国 […]
  • 第12回すららカップ開催のご案内第12回すららカップ開催のご案内 7月1日より、第12回「すららカップ」が開幕します。「すららカップ」は、生徒の学習促進や学習習慣の定着を目的とし、学習時間やクリアユニット数などの努力指標で競う全国イベン […]

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲